読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティムタム食べない

文化系ミーハーニートちゃんの愛おしいまいにちを記録していく(フィリピン留学中、ワーホリ予定)

五臓六腑にしみわたれ!

あけましておめでとうございます。

実家暮らしなので今年もおうちでだら〜っとお正月を過ごしております、こに丸でございます。

お正月の過ごし方

1.『映像の世紀』とともに幕を開けた2016年

1月1日0時、除夜の鐘と同時にNHK BSにて『映像の世紀』全11集がデジタルリマスター版で再放送されました。『映像の世紀』って、ご存知でしょうか?

20世紀は人類が初めて歴史を「動く映像」として見ることができた最初の世紀です。映像は20世紀をいかに記録してきたのか。世界中に保存されている映像記録を発掘、収集、そして再構成した画期的なドキュメンタリーのシリーズ。活字とはひと味違った映像ならではの迫力と臨場感あふれる映像で20世紀の人類社会を鮮やかに浮き彫りにします。 

www.nhk.or.jp

元日そうそう、これを14時間34分ぶっ通しで一挙放送するとの情報をキャッチした時は、NHKさん、果たしてお気は確かか…と不安に思ったものでした…( ´-` ) 第5集『世界は地獄を見た』(第二次世界大戦下の原爆投下やホロコーストなど)とともに初日の出を迎えるなんて、正気の沙汰では無いでしょ…?

でもこれ、本当に素晴らしいシリーズで、ぜひ皆に見て欲しいし、私も元旦、祖父母含め家族と一緒に見ることができてとても良かった。こういう番組は、やはりNHKでなくては作れないのでしょうねー。大学受験の時に通っていた世界史の塾で観せてもらってから、その後今まで何度観たことか…。目を覆いたくなるような残酷な映像の裏では、一方で銃を取った兵士のリアルな映像や家族に向けた手紙、人を殺すことへの恐怖を綴った手記も記録されていたりして、ああ皆同じ血の通った人間なんだ、あの兵士はわたしだったかもしれないんだ、という当たり前で残酷な事実が強烈に浮かび上がって来るんですよね。命に軽い重いなんてあるわけないし、正しい正しくないのジャッジなんて究極にあてにならくて一瞬にしてひっくり返る。一人一人の人間が、誰を救うでもないイデオロギーに動かされて数々の悲劇を引き起こした、人類史上最も悲惨な100年間を痛いほど目の当たりにすることになるのですが、これはもうぜひわたしたちより若い21世紀キッズたちにもずっとずっと引き継がれて見られていくべき映像だと思います。

新年早々心を抉られるような思いではありますが、これがわたしたちの歴史。書いている今も、サウジとイランの国交断絶のニュースを見ていたりして。初詣で祈る世界平和にも、いつもより気持ちが入りました。それにしてもああやっぱりもっと歴史を勉強しないといけませんなーーー。というわけで、(というわけでもないけど)2016年初読書は祖父に借りた『大地の子』でございます。にしても山崎豊子氏の取材力は本当にしゅごい…

2.今年もやったよ、2016年書きぞむの会!

 じゃんっ!

f:id:kntn_63:20160730131419p:image

今年もやりましたよーー、『書き初む2016』at日比谷公園。今年で4回目の書きぞむ、1回目はまだみんな大学生だったなあ、完全に定例化していて嬉しい。大学のカメラサークル時代の友達が書道の師範の資格を持っていて、その師範を囲んで日比谷公園で書き初めをしてるんです。国会議事堂前で集合して帝国劇場前で箱根駅伝のランナーたちを応援してからの書き初め、そして熱燗で乾杯という流れが定番ですが、わたしは今年遅刻したので箱根駅伝は見られず。しょぼん。

今年は、あったかくていい天気だったこともあって公園に人が多く、通りすがりの方々にもたくさん参加していただきました。2回目の東京オリンピックを見るまでは死ねない、とまだまだお元気そうなかわいいおばあちゃん、今年ハワイに行けるといいね。『サピ1番』と書き初めした小学生は、きっとサピックス(中学受験の塾)で1番を取れるはずだっ。皆さんと、来年もやってるんで一緒に書き初めしましょうねーなんて言って別れたりしたんですが、考えてみればわたし『書きぞむ2017』はワーホリで参加できない可能性が高い…??ヤダー!skype参戦してやるーーーー!

で、この『五臓六腑に沁み渡れ』っていうでかいのが今年の共作。意味はまああんまりなくて、9人居たので9文字がよかったのとなんか五臓六腑って言葉をみんな気に入ってたのでこうなりました(笑)。でもこう見ると、結構良いフレーズだなあ。キャンプ行った時にテント設営終えてからのお待ちかねのビール!!とか、仕事遅くまでして寒くてお腹空いて疲れて死にそうな時におうちで食べるお鍋とか、ものすごーく五臓六腑に染み渡りますよねー。あとは東チベットの理塘というところに行った時、あまりにも空が青くて透き通ってて、標高高いので空気が非常に薄いながらも肺いっぱい吸い込んで、「五臓六腑にしみわたる〜」となんか涙出そうになったことを思い出しました。五臓六腑に染み渡る、気持ちいいこといっぱいしたいし、いろいろ経験したこと・吸収したものを、ぜんぶぜんぶお腹の底に沁み渡らせて、自分の糧にしていきたいものでございます!

そんなこにしい家の今年の目標

は、と言いますと…

1.『大きな丸💮』が欲しい!

個人での書き初めは色紙に『大きな丸』と書きました。ちょっと意味分からないですよね…(某失礼なNくんは色紙を見て、『大きな丸』とは正月太りしたわたし自身のことかと思った…と宣いましたが当然そんなわけはない)。わたしはわりとなんでも「普通」にこなすというか、これといって特筆すべき点は無い、とか、可もなく不可もなく…みたいな評価をされがちなんじゃないかなあと思います。仕事でも、友人関係でも。前の上司の時代に、研修の一環で2年目を終えた社員に評価のフィードバックをもらう、という機会があったのですが、わたしに対する評価はほぼ全部「3.どちらかといえば、良い」にマルが付いていて、五角形のレーダーチャートも凹凸の無い『ちっちゃい五角形』でした。それが大変悲しかったのです。同期の派手に出っ張ったり凹んだりしているレーダーチャートが羨ましかった。そもそも研修の内容が、上司の評価をもとに強みを伸ばし、弱みを知る、というようなものだったのに、あれ、わたし強みも弱みも無いじゃん…と。。。そういえばわたし昔から「一見」優等生タイプだったりして、なーんか面白みが無いというか、突き抜けられない女なのです…

というわけで、今年の目標は脱無エッジ人間!多少ダメなところがあったとしても、ここがわたしのいいところだと胸を張って言えるように、強みを探して伸ばしていけたらいいなあと思います。あと逆に、自分も相手に対して「大きなマル」をつけること。人のいいとこを見つけるのはわりと得意だけれど、良いと思ったら良いと伝える、絶賛する。だって、マルもらったら、みんな嬉しいに決まってるもんね!

2.ご機嫌に生きる

自分が何かするときの行動基準を、「ご機嫌でできるかどうか」で選んでいけたらなと思います。今年は会社という組織を抜けるので、いろんな局面で、自分で選択しなくてはいけないことが多くなると思います。そのときの選択基準を、なるべく他のしがらみとか固定観念に縛られず、自分がご機嫌で居られるか、否か、に置きたい。もちろんぜんぶぜんぶ自由に楽な方に流されたい〜というヒッピー的な意味で言ってるわけでは決してなくて、自分にとって何がきもちいいことなのか、何なら完全にまんまるなご機嫌でできるのか、っていうことをその場その場でちゃんと考える。例えば、友達と遊んで、時間が許す限り寝て、食べたいものを全部食べて〜という毎日は楽しいけど、心のどこかで、ああ勉強しなきゃ…あまりにも怠惰な生活過ぎて、ちょっとやばいな…と、罪悪感を覚えてしまうような気がします。後で後悔する時間が全然ご機嫌じゃないのです結局。自分の精神が、いちばんきもち良い状態でいられるように、怠けたい気持ちと自分を高めたい気持ちの間でうまくバランスをとっていけたらいいなと思います。あと、やらなければいけないこと、どうせするなら「楽しく」やりたい。自分も、見てる人もそっちの方が気持ちいいに決まっているので:)

3.言い訳しない

『でも』『だって』『どうせ』の3D、2016年は封印します(といいながら本文を見るとめちゃくちゃ「でも」って使ってますが…)!ここから先は、誰に強制されたわけでもない、時代に翻弄されたわけでもない、自分でえらんだ道です。いまいる場所は、過去の自分の選択・自分の行動の結果なんですよね!言い訳、しないよーーーーーと、いうことで、新年さぼりにさぼった(去年もさぼりにさぼった)勉強にそろそろ取り掛かるとしましょうか…。(忙しいとか日程が合わないとかで散々先延ばししていた簿記2級も2月に受験することを宣言いたします…言い訳…しない…)

 

そんなわけでついに明日から出勤(お休み短かったな…)、気持ちを切り替えて頑張りましょう楽しみましょうということで今日の一曲は、エレカシで『四月の風』。最初の1行でここまで4月の高揚感を表現できる歌詞が他にありましょうか(厳密に言うといまは1月なのですが、新年のワクワク感ということで)。何度励ましてもらったかわからない曲。明日もがんばろうーー!

四月の風 

広告を非表示にする