ティムタム食べない

文化系ミーハーニートちゃんの愛おしいまいにちを記録していく(フィリピン留学中、ワーホリ予定)

日常の些細なはなし

新宿のビルが1つ消えた話

新宿西口大ガード西交差点の都民銀行が消えていた。

ビルがなくなって剥き出しにされた裏の建物は古びてて明かりもついてなくて、知らない場所に迷い込んだのか、はたまた時代を間違えたのか?と錯覚するくらいにわたしの知っている新宿とは全然違って見えた。たったビル1つ無くなっただけなのに。なんか凄ーく不気味だった。背中がゾワッとした。

f:id:kntn_63:20160617005005p:plain

※2014年8月撮影のGoogleストリートビューより。まだビルあるね。

このまとめによると、去年の11月ごろから取り壊しが始まって、3月にはもう無くなっていたみたいです。(しかしそもそもこんな工事現場の定点観察のまとめが存在することにまず狂気を感じる…)

***************

でもこういうものを目の当たりにすると、世界は生きてるんだよなあと実感します。こうやって時間は刻々と過ぎていって、あらゆるものも、ひとも、生まれて消えて、少しずつ変化していくんだなって、1秒前とまるっきり同じものなんて何ひとつないんだって、知ってたんだけど改めてはっと気付く。

わたしたちは普段このNAVERまとめみたいに世界を定点観察してるわけじゃないから、じわじわとした日常の小さな変化に気づくのは難しくて、後から振り返ってはじめて、ことが大きく変わったことに気がつくことも多いのです。

だから、日々のできごととかその時の感情を日記に書いたり、こうやってブログに閉じ込めたり、瞬間を写真に残すっていうのは凄く意味あることなんだろうなーって思います。むしろ些細な日常こそ、残さないと簡単に無かったことになっちゃうもんね。初心に帰って、このブログでももっとそういう毎日の瞬間を臆せず残していくことにしようっと。恥ずかしいけど。

知らないひとに背中を押された話

というわけで、ここに書きでもしなければきっと知らないうちに忘れてしまうような昨日あった些細な話をひとつ。

昨日の帰り、夜遅く、ホームで山手線を待っていたら若い男のひとが会釈しながら近づいてきた。あれ前の会社のひとかな…?ってとっさにお辞儀し返してから、あーなんだ、酔っ払いのナンパかあ、面倒くさいやつだなあって気づく。

終電近いホームとか電車の中で知らない女に話しかけてくる酔っ払いってのは、もう頭が馬鹿になってただ下心が服着て歩いてるだけだから、しつこいけど無視するか「はぁ、はぁ」って愛想笑いだけしてそっとその場を離れるようにしないと自分が危ない目に遭っちゃうと思うんだけど、昨日はちょうど両者お辞儀し終えたくらいのタイミングで電車が来ちゃったので仕方なく一緒に乗車した。なんとなく真面目そうな感じの人だったし、そんなにお酒を飲んでる風でも無かったからまあ平気かなと思って。自分自身もお酒飲んでなかったし。

『こんばんは、話しかけちゃってすみません。』「いえ。」『いまお帰りですか?』「ええまあ。」『飲み会ですか?』「いえ、友達とごはんを。」『大学がこの辺なんですか?』「いえ、大学はずっと前にもう出てて。」『大学生じゃないんですか?』「いえもう全然いい年で。」『じゃあお仕事帰りですか?』「いえ、仕事してなくて、いま。」『???』

それでなんとなくもうすぐ海外に行くから仕事辞めたんだってこちらが話したら、向こうも早稲田出ていま中学校の先生をしてるんですってことを話してくれた。気づいたらわたし、ワーホリいくこととか、彼氏がいて遠距離になるけど応援してくれてることとか、聞かれるままにいろいろ話してしまいました。

『僕も25くらいの時、そういう風にやってみたかったことがあったけど、いろいろ考えて決断できなかった。今だってそうだ。だからほんときみのこと凄いと思う。いやー、凄い。嬉しいなー。』とやたらと感心してくれたかと思うと、『彼氏のことを大切にするんだよ、絶対に向こうだってきみのことを大事にしてくれてるから。』とちょっと嬉しくなるようなことを言ってくれたり、降り際には『頑張れ、絶対何事もうまくいくよ、大丈夫!今日は本当に会えてよかった!話せてよかった!元気出た!お互いに楽しんで生きていこうね!』と無条件に励ましてくれて、勝手に(?)元気にまでなってくれて、なんかほかほかととてもあったかい気持ちになりました。

きっともう二度と会うことはないし、どんなひとだったか顔も忘れちゃったけど、きみならぜったい大丈夫!って、どんって背中を押してくれる心強さよ。ありがとう、ありがとう。深夜の不思議な出会い。

そうだね、楽しんで、生きていこう!

今日の一曲:フラワーカンパニーズビューティフルドリーマー

大好きなフラカン!ライブもめっちゃ楽しい!もうね何よりもバンドの人柄が良いのが凄く伝わってきて、ライブもピースフルでほんとにハッピーな空間です。

フラカンといえば『深夜高速』が有名ですね。「生きていてよかった」のフレーズで知られるこの曲ですが、酔っ払ったこに丸が合コンの2次会のカラオケで3回連続で歌ったことでも有名です。笑

酔っ払うと歌いたくなるんですよ〜〜〜〜(  ຶз ຶ)

広告を非表示にする