ティムタム食べない

文化系ミーハーニートちゃんの愛おしいまいにちを記録していく(フィリピン留学中、ワーホリ予定)

オーストラリアのワーホリビザはまじで一瞬で取れる

先日申請したワーホリビザですが、なんとものの2時間で発行できました。超 簡 単です。エージェントに代行依頼する必要なんて絶対無いと断言できます✋ワーホリの最初の1歩、来たる英語環境に備えて、ナンビトも自力で申請しようぜ!イェイ!

1. 用意するもの

★パスポート

★クレジットカード

2. 申請料

2016年8月現在、440ドル。2011年は270ドルだったのに、そこからグイグイ上がってるみたい…。ちなみに申請料に加えて、クレジットカードで支払うのに手数料が必要です。

f:id:kntn_63:20160821003514p:plain

Fees and charges for visas

わたしは(ビザだけに)visaカードだったので、$440×1.08=$475、1ドル=76円で計算して(やっす!)、36,115円でございました!

3. アカウント作成→ビザ申請

ブログで申請方法を紹介しよう♡と張り切ってスクショたくさん撮ったんですけど…

餅は餅屋ですね!面倒くさいしエージェントさんのHPで十分わかりやすいサイトがたくさんあったので、こちらをご確認くださいっ

★留学準備マニュアル 2016年度版

★APLaC/Sydney(シドニー多元生活文化研究会)

↑わたしがシドニーでお世話になる予定のプログラムのサイトです。説明が詳しくて超わかり易いけど、微妙に今と質問の内容や順番が違うかも!

申請までの所要時間は30分あれば十分だと思います!(途中単調な質問にチェックを入れ続けるうちにうたた寝してしまったのでわたしは1時間。笑)

4. ビザ発行完了

入力を終えると、数分後にIMMI Acknowledgement of Application Receivedというタイトルの申請受領メールのようなものが来ました。そしてそれから20分後、IMMI Grant Notificationというビザ発給メールが来て…

えっ、ビザ発行完了…??

メールが届いたのは作業開始から2時間以内、時刻は深夜0時5分。時差1時間のオーストラリアですから、これは人間のチェックが入らずにシステムの自動承認が下りている模様ですね。(じゃなきゃオーストラリア移民局、相当ブラックだぞ…!)

「医療機関で就業予定がある」とか「幼稚園のようなところで働く予定がある」とかにチェックを入れた人にはあとで別に健康診断を受けるようメールが来る模様です。

まとめ

とにかくオーストラリアのワーホリビザ申請は超簡単・ちょっぱやですので、面倒くさがらずにちょちょいと済ましちゃいましょー!

《更新中》ワーホリ準備・TODOリスト

  • オーストラリア ワーホリビザ申請→取得完了
  • マネパカード申し込み→発行済み
  • 新生銀行口座開設→開設済み
  • マニラ→シドニーの航空券購入→マレーシア行きを検討中…
  • 海外旅行保険申し込み→検討中…
  • 中小企業診断士の資格休眠
  • 歯医者さんに行く→予約済み!明日行く!
  • 病院で薬をもらう
  • iPhoneを解約してSIMフリー化する
  • フィリピンの語学学校に代金振込→財形の解約振込待ち…
  • コンタクト購入→購入済み

 今日の1曲:Haiatus Kaiyote - Nakamarra 

昨日しげちゃんが教えてくれたハイエイタスカイヨーテはオーストラリアで活動しているバンド!教えてくれてありがとう♡

朝から何度か聴いてるんだけど、R&Bのようなジャズのような民族音楽っぽいような。メロディがキテレツ変幻自在すぎて覚えられる気がしないけど、オーストラリアと思しき大自然の映像とともにエーテル放出しまくりで聴いててとっても気持ちいい曲です。

お外でお酒をたしなみつつ、寝っ転がって聴きたいですな😍